カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

カブクワマット4リットル(カブトムシ、ヒラタ、ノコギリ、ミヤマの幼虫のエサ・産卵用マット)



カブトムシやクワガタ(ヒラタ、ノコギリ、ミヤマ等)の幼虫のエサとなる昆虫マットです。
クヌギ・ナラを原料とした良質な発酵マットですので、幼虫もどんどん大きく育ってくれます。

また、幼虫が育つのに適した環境にメスは好んで産卵しますので、産卵用マットとしても最適です。
国産・外国産を問わずご使用いただけます。
当店でも産卵・幼虫の飼育ともに使用しております。

※マットは加水せずにそのままご使用いただけます。
※当店のマットは通常はガス抜きの必要はございませんが、夏季の炎天下の中でのお届け後は、袋のままで結構ですので2〜3日涼しい場所で保管し臭いや発熱がないかを確認されてからご使用ください。
※マットに白いカビのような物が発生する場合があります。袋詰めした後に微生物の活動により発生し、見た目がよくない場合もございますが、これは有用な菌で栄養分の1つですので安心してご使用ください。

カブクワマット4リットル(カブトムシ、ヒラタ、ノコギリ、ミヤマの幼虫のエサ・産卵用マット)

価格:

440円 (税込)

[ポイント還元 9ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

◆カブトムシの幼虫の飼育方法◆
カブトムシの幼虫は、1つの昆虫ケースで数頭を一緒に飼育していただけます。

マット交換のタイミングは、フンが目立ってきたらマット交換の合図です。
飼育ケースの大きさや幼虫の飼育頭数にもよりますが1ヶ月に1回程度、マットの状態を確認してください。
※冬を越した5月以降は、幼虫が蛹になる準備のため蛹室を作り出していることがございますので、マット交換は慎重に行ってください。
※国産のカブトムシのように季節で蛹化の時期が読めない外国産のカブトムシにつきましては、幼虫の体が黄色味を帯びてきたら蛹化が近い合図ですので、それ以降は幼虫が作った蛹室を壊してしまわないようマットの交換は慎重に行ってください。

◆クワガタの幼虫の飼育方法◆
お好みのサイズのボトルにマットを固く詰めて飼育してください。
クワガタの幼虫はケンカをして互いに傷付け合ってしまいますので、必ず1つのボトルに1頭だけを入れて飼育してください。

マット交換のタイミングは、3ヶ月に1回程度の間隔が交換の目安となります。

※国産クワガタの幼虫は、冬は冬眠しますので11月中に1度マットを交換し、翌年3月以降の暖かくなり始める時期まで次の交換はしないでください。
※幼虫が蛹室を作り始めている場合は、マットを交換せずにそのまま静かに管理してください。

◆カブトムシの幼虫用マットについて◆
クヌギなどの朽ち木を粉砕しただけのマットでは、幼虫が完全に消化吸収することができず、栄養を十分に摂ることができません。
自然界においてカブトムシの幼虫は腐葉土層で多く育っていますが、市販されている人工の腐葉土は天然の腐葉土とは状態が異なるので大きく育てるのは難しく、使用される原料からも安全性に問題があります。
当マットは幼虫が栄養分を消化吸収しやすいよう十分に発酵させてありますので、幼虫が食べるマットとして最適なのはもちろん、メスもこのような環境に好んで産卵をします。

ページトップへ